トピックス

WFNS (世界脳神経外科学会連盟)教育コース

2013年1月下旬、インドネシア カラワチ(Karawaci)の Pelita Harapan Universityにおいて、WFNS (世界脳神経外科学会連盟)教育コースが開催されました。
我々は、岐阜大学、小倉記念病院、獨協医科大学越谷病院の脳血管内治療指導医・専門医とともに、脳血管内治療ハンズオンコースを主催しました。
参加者には、カテーテル基本操作、脳動脈瘤塞栓術、頚動脈ステント留置術、脳血栓回収デバイス、シミュレーターでの模擬治療の各ブースで、1日中カテーテルに触っていただきました。
海外での大規模な脳血管内治療ハンズオンコースは初の試みで、インドネシアのみならず、近隣諸国から多数の脳神経外科医師の参加があり、大変な盛り上がりでした。我々もその熱気に圧倒されました。

World Federation of Neurosurgical Societies (WFNS) Workshop and educational course 2013 were held in University of Pelita Harapan (UPH) in Lippo Karawaci Indonesia. We promoted Neuroendovascular Hands-on course. Many participants from not only Indonesia but neighboring countries joined this course all day, it was very excited.

関連記事

  1. 脳神経外科医への道 Vol. 43
  2. Dr. Lotfi Hacein-Bey 来訪
  3. 上山博康先生との手術
  4. 国際脳卒中会議2017@ヒューストン
  5. 海外からの患者さん
  6. マイクロサージャリー稽古会
  7. 男女共同参画検討シンポジウム
  8. 国際脳卒中カンファランス2015
PAGE TOP