患者さんへ

患者さんへ

脳神経外科は脳、脊髄、末梢神経に関連する疾患を中心に診療を行っています。
外科治療、血管内治療は当然のことながら、様々な疾患に対する保存的治療に神経内科と連携し精力的に取り組んでいます。脳卒中、無症候性疾患(頚動脈狭窄症、未破裂脳動脈瘤)、もやもや病などの脳血管疾患、悪性脳腫瘍、髄膜腫、下垂体腫瘍などの脳腫瘍、パーキンソン病、中枢性疼痛などの機能的疾患などが主たる診療対象です。黒田、桑山は富山市内および県内の施設における外科治療、血管内治療の支援にも積極的に取り組んでいます。診断、治療、フォローアップなどの面で市内・県内の施設と密接な連携のもと、患者さんの生活の質の向上に邁進しています。

主な対象疾患

脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、先天奇形、機能的脳外科、てんかんの外科、中枢神経感染症など広く脳神経外科の全般にわたる診療を行っています。
・ もやもや病・頚部内頚動脈狭窄・脳動脈瘤・脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻など治療困難な脳および脊髄の血管疾患
・ 脳腫瘍および脊髄腫瘍
・ 二分脊椎、頭蓋骨縫合早期癒合、水頭症などの先天性神経疾患
・ 開頭術では治療困難でカテーテルによる治療を要する脳血管疾患
・ 非侵襲的な神経内視鏡手術を要する中枢神経奇形や下垂体腺腫
・ 顔面痙攣や三叉神経痛などの神経血管圧迫症候群
・ 定位脳手術を要するパーキンソン病などの変性疾患
・ 正常圧水頭症に対するシャント術
・ 脊髄電気刺激や髄腔内バクロフェン注入などの機能的中枢神経疾患
・ 重症頭部外傷や脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)に対する救急医療
など、当科では最新の知識と技術を駆使した治療で患者さんのあらゆるニーズに応えるよう、日夜努力しています。そして当科では、専門スタッフによる高次脳機能検査、言語療法や生活支援にも力を入れています。救急医療においては、重症の頭部外傷や脳卒中など、緊急かつ救命治療を要する患者さんに対応可能な体制を常に整えています。

高度な専門医療

・特定機能病院として最先端の脳神経外科診療と24時間の緊急診療体制の実践、および、富山県内外の関連施設との連携による地域医療への貢献を通じて、患者さんの信頼に応えられる高レベルの診療を目指しています。

・脳腫瘍、脳血管疾患(脳卒中)、脳腫瘍、頭部外傷、脊椎・脊髄疾患、機能的疾患(三叉神経痛、顔面痙攣、パーキンソン病、難治性てんかん、慢性疼痛、遷延性意識障害)、水頭症、小児神経奇形などの脳神経領域の各種疾患に対して、手術や血管内手術を中心とする専門的治療を総合的に行っています。重症例が多く、1年間の総手術数は約300~350件です。脳血管疾患では、執刀による直接外科手術と脳血管内治療を両立し優れた成績をおさめています。

・頚動脈狭窄症に対する頚動脈内膜剥離術、もやもや病や頚動脈閉塞症に対するバイパス手術、脳動脈瘤に対するクリッピング術では、国内外のトップレベルの実績を有しています。もやもや病に関しては、県外・海外からの患者さんの依頼にも応じて治療しています(黒田、柏崎)。黒田は、日本脳卒中の外科学会の技術指導医に認定されています。

・脳腫瘍手術は神経膠腫、髄膜腫、前庭神経鞘腫、下垂体腫瘍などを中心に摘出手術を実施しています。術中ナビゲーション、脳機能モニタリング、神経内視鏡、3次元コンピューターグラフィック、3Dプリンティングなどの最新技術を導入し、治療成績は著しい向上を得ています(黒田、赤井、永井、富田)。

・難治性てんかん、顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛、痛みに対する機能的手術、パーキンソン病などに対する定位脳手術などの手術で、良好の機能予後を得ています(黒田、富田、柏崎)。

・脳血管内治療:脳動脈瘤に対するコイル塞栓術、頚動脈狭窄症に対するステント留置術、硬膜動静脈瘻に対する経動脈的・経静脈的塞栓術、脳腫瘍に対する術前の栄養血管塞栓術、超急性期脳梗塞に対する血栓回収療法などが主なものです。脳動脈瘤の一部ではパイプライン®︎と呼ばれるステントを使用する最先端の治療があります。これが施行できるのは北陸地区では当科だけです。頭を切らない反面、特殊かつ高度な知識と技量が求められ、指導医、専門医といった資格を有する必要があります。2009年度には脳血管内治療の全国学会を富山で開催したほか、毎年、富山で教育講習会を開催しています。治療材料や機器の開発も日進月歩で、最新の最適な医療をいち早く供給し、病状の改善につとめています(桑山、秋岡、柏崎)。桑山、秋岡は日本脳神経血管内治療学会の指導医、柏崎は専門医に認定されています。

・神経内視鏡による手術は侵襲が小さく、患者さんにとってもやさしい診断・治療法です。さまざまタイプの水頭症、脳室内近傍の脳腫瘍、下垂体腺腫などに対して、わが国をリードする実績を有しています(赤井、永井、富田)。赤井は神経内視鏡技術認定医の資格を有しています。

主な検査・設備など

・ 手術用顕微鏡 OPMI PENTERO 900
・ 手術室での脳血管撮影装置 Artis Zeego(ハイブリッド手術室)
・ ハイビジョン内視鏡、ビデオスコープ Olympus, KARL STORZ
・ ナビゲーションシステム BrainLab
・ 定位脳手術装置 Leksell

専門外来

・脳血管疾患外来(黒田、掘、柏崎)
 脳動脈瘤に対するクリッピング術、頚動脈狭窄症に対する頚動脈内膜剥離術、もやもや病の外科治療、頚動脈閉塞症に対するバイパス手術では、国内外のトップレベルの実績を有しています。もやもや病に関しては、県外・海外からの患者さんの依頼にも応じて治療しています。
 脳動脈瘤と頚動脈狭窄症では、脳血管内治療と連携し最適な治療方法を選択できます。
 合併症の精査のための入院も積極的に行っています。

・小児神経外科外来(赤井、浜田)
 二分脊椎、頭蓋骨縫合早期癒合、水頭症などの小児先天性疾患に対し、豊富な経験と最新の知見に基づいた治療を行っています。水頭症には神経内視鏡手術も含む術式から最適な術式を選択できます。

・脳腫瘍外来(赤井、富田)
 術前のCGや3Dプリンティングモデルによる術前シミュレーソン、術中ナビゲーション、脳機能モニタリングを導入し、治療成績は著しい向上を得ています。

・血管内治療外来(桑山、秋岡)
 脳動脈瘤に対するコイル塞栓術やステント留置術、頚部内頚動脈狭窄症に対するステント留置術、血管奇形に対する塞栓術を行っています。特に硬膜動静脈瘻は希少であり、治療に難渋する疾患ですが、当科では豊富な治療経験があります。
 脳動脈瘤では手術のクリッピング術とコイル塞栓術、頚部内頚動脈狭窄症では手術の血栓内膜剥離術とステント留置術のそれぞれ二つの治療方法を比較検討し、より適した手術方法を選択することができます。

外来担当表

曜日
脳神経外科富田
柴田
黒田
赤井

柏﨑
休診
(手術日)
赤井
富田

柏﨑
柴田
脳血管内治療科秋岡桑山休診
(手術日)
桑山秋岡

最近の記事

PAGE TOP