トピックス

コロナ禍における脳神経外科医療の実践

当科の赤井卓也先生の症例報告が Interdisciplinary Neurosurgery誌に掲載されました。日本にもコロナ禍が押し寄せてきた本年3月、視野障害が進行する下垂体腫瘍の患者さんが当院に紹介されてきました。この頃は、武漢で経鼻的下垂体手術によって医療スタッフに新型コロナ・ウィルス感染が拡散したため、世界各国で経鼻的下垂体手術を中止するよう勧告されていました。われわれは、治療の遅延によって患者さんの視機能が永久に失われてしまうことを危惧して、この頃まだ一般的には実施されていなかったPCR検査と肺CT検査を術前に実施した上で、陰圧室にて経鼻的下垂体手術を実施しました。幸い、患者さんの視機能は回復し、これまで5ヶ月間、当科の医師、手術室の医療スタッフに感染者は出ていません。現在では多くの病院で術前にPCR検査を実施することが可能となっており、この頃のような苦労はなくなっていると思いますが、コロナ禍の最初期の記録として報告させてもらいました。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32835016/

Neurosurgical Practice under COVID-19 Pandemic

Prof. Takuya Akai, one of our staffs, has published a case report on trans-sphenoidal surgery for pituitary adenoma associated with progressive visual field disturbance.
Akai T, Maruyama K, Takakura H, Yamamoto Y, Morinaga Y, Kuroda S.
Interdiscip Neurosurg. 2020 Dec;22:100820. doi: 10.1016/j.inat.2020.100820. Epub 2020 Jul 10.
Safety management in urgent endonasal trans-sphenoidal surgery for pituitary adenoma during the COVID-19 pandemic in Japan – A case report.
We report a 72-year-old woman who required urgent endonasal trans-sphenoidal surgery (eTSS) because of progressive visual field disturbance due to pituitary adenoma, in whom we conducted reverse-transcriptase-polymerase-chain-reaction (RT-PCR) for COVID-19 and chest CT before eTSS. We took care of her by following the rule for suspected infection patient, and safely completed her treatment without medical staff infection. Under COVID-19 pandemic state, essentially careful management including RT-PCR test and chest CT should be taken for the high infection risk surgeries to avoid the outbreak through the hospital. And the cost of RT-PCR test for the patients should be covered by the government budget.

関連記事

  1. 脳神経外科野球大会 中部地区予選2015
  2. 「脳神経外科医とキャリアを語る会」を開催します
  3. バイパス・ブートキャンプ2017
  4. ニューロサイエンスの旅 Vol. 5
  5. Dr. Lotfi Hacein-Bey 来訪
  6. 脳神経外科医とキャリアを語る会 2019
  7. WFNS (世界脳神経外科学会連盟)教育コース
  8. Bypass 2020 – 50周年記念シンポジウム…
PAGE TOP