トピックス

富山紀行 Vol. 13

ライチョウ(Lagopus muta japonica)は富山県の県鳥で、現在のわが国では、立山連峰の室堂から雷鳥沢にかけて数多く生息しています。夏は褐色、冬は純白の毛を有し、標高2,000〜3,000mのハイマツ帯に生息しています。先日、室堂〜みくりが池付近では数多くのライチョウがその姿を現わして、若芽をついばんだり、彼方遠くを見据えていました。その凛々しい姿に心打たれました。

関連記事

  1. ニューロサイエンスの旅 Vol. 57
  2. 脳神経外科医への道 Vol. 25
  3. 「きときと頭蓋底手術セミナー」のお知らせ 8月30日(金)19:…
  4. International Stroke Conference …
  5. ニューロサイエンスの旅 Vol. 66
  6. 謹賀新年
  7. 4K外視鏡手術は、従来の顕微鏡手術に置き換わるのか?
  8. 富山大学附属病院市民公開講座 脳卒中の最新治療
PAGE TOP