トピックス

脳神経外科疾患メモ Vol.14 痙性斜頚とハンガー反射

痙性斜頚(頸部ジストニア)は、自分の意思と反して頭が勝手に動いてしまう原因不明の疾患です。一方、頭に針金のハンガーをかぶせると頭部が勝手に回ってしまう「ハンガー反射」という大変興味深い現象があります。われわれは、この現象を痙性斜頚の治療へ応用する研究を行っております。2012年度に多施設共同臨床研究を開始し、現在も継続中です。
ハンガー反射の研究については、下記をご参照ください。
http://kaji-lab.jp/ja/index.php?rsearch%2Fhanger
多施設共同研究に関しては、下記に登録されています。
https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr.cgi…
痙性斜頸でお悩みの方は、当科外来の旭雄士医師までご相談下さい(毎週火・金曜日)

Cervical dystonia is a disorder of unknown cause. On the other hand, when a wire clothes hanger is placed on the head, the head rotates unexpectedly. The curious phenomenon is called the “hanger reflex”. We used this reflex to treat cervical dystonia patients. A multicenter clinical study is ongoing for evaluating the clinical efficacy for the cervical dystonia from 2012.
The study of the hanger reflex is described below.
http://kaji-lab.jp/ja/index.php?rsearch%2Fhanger
Multicenter study is registered on the web site.
https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr.cgi…
Please consult our clinic on Tuesday or Friday a.m. if you have problem with the cervical dystonia.

関連記事

  1. 富山紀行 Vol. 4
  2. もやもや病の手術を学ぶ_Pt. 5
  3. ニューロサイエンスの旅 Vol. 3
  4. ニューロサイエンスの旅 Vol. 6
  5. 脳神経外科医への道 Vol. 25
  6. ニューロサイエンスの旅 Vol. 70
  7. 第100回富山県脳神経外科医会を迎えて
  8. 明日の医療を担う若者たちに想う
PAGE TOP