トピックス

スティーヴン(史帝文)送別会

過日、約3ヶ月間の富山での勉強を終えたスティーヴン(史帝文)の送別会を開催しました。富山滞在中は当初の目的の血管内治療の勉強のほか、開頭手術の勉強にも余念なく、医局でも顕微鏡下での血管吻合の練習に熱心に励んでいました。帰国にあたって血管吻合のためのマイクロ鑷子+マイクロ剪刀を贈らせていただきました。帰国してからもインドネシアの脳神経外科をリードする男になってもらいたいものです。

Farewell Party of Dr. Steven Tandean

Dr. Steven Tandean learned both endovascular surgery and open surgery during his 3-month stay in Toyama. He has keen interest in microsurgery and practiced vascular anastomosis under a microscope over and over again. So, we gave him micro forceps and micro scissors for his training as a present. We hope that he will continue to study a lot and be an excellent neurosurgeon in Indonesia in very near future. Be ambitious!

関連記事

  1. 脳神経外科「医工連携」セミナーのお知らせ
  2. 第100回富山県脳神経外科医会を迎えて
  3. 富山大学脳神経外科同門会・年報「創志塾2014」
  4. 富山大学脳神経外科開講30周年記念祝賀会
  5. 脳神経外科医への道 Vol. 11
  6. 市民公開講座開催のお知らせ
  7. 脳神経外科疾患メモ Vol.15 髄膜腫
  8. 第29回 日本脳神経血管内治療学会学術総会@新潟
PAGE TOP