トピックス

富山大学生命融合科学教育部シンポジウム2015

本年12月1日、平成27年度富山大学生命融合科学教育部シンポジウムを「医療と3D」と題して開催させていただきました。近年、急速に進歩している3D-CGや3Dプリンティングなどの革新的技術について、臨床医、基礎研究の先生方から最新情報をお聴かせいただき、今後の方向性について考えるためのとてもいい機会となりました。ご講演いただいた先生方、ご来聴いただいた先生方、お手伝いいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

総合司会 黒田 敏
開会挨拶
富山大学大学院生命融合科学教育部長 水口峰之先生
第一部「医療と3D」臨床医の立場から
①富山大学脳神経外科 助教 富田隆浩先生
「脳神経外科における3Dシミュレーション」
②富山大学第一外科 教授 芳村直樹先生
「小児心臓手術における3D画像の役割」
第二部「医療と3D」研究者の立場から
③富山大学工学部再生医工学 教授 中村真人先生
「生きた3次元臓器を作る研究のあゆみ:バイオプリンティ ングからオーガンファブリケーションへ」
④山形大学工学部ソフト&ウェットマター工学 准教授 川上 勝先生
「分子や臓器の可視化、可触化がもたらすもの」
⑤山形大学工学部ソフト&ウェットマター工学 教授 古川英光先生
「3Dゲルプリンターが可能にするデザイナブルゲルの開発と 医療分野への展望」
閉会挨拶
富山大学大学院生命融合科学教育部 副教育部長 豊岡尚樹先生

Special Symposium 2015 at University of Toyama

We had a Special Symposium 2015 “3D Technology in Medical Practice” at University of Toyama on December 2, 2015. We could study and discuss on the recent development and perspective of this exciting fields altogether.

関連記事

  1. 平成25年を終えるにあたって
  2. 富山県脳神経外科医会・新年会
  3. ベルリン留学報告記 Vol. 5
  4. 海外からの患者さん
  5. 富山大学脳神経外科メンバーと専門領域
  6. 第5回TOM ぶり街道カンファランス
  7. 脳神経外科疾患メモ Vol. 1 もやもや病 (moyamoya…
  8. 脳神経外科医への道 Vol. 55
PAGE TOP