トピックス

Stroke2014

現在、大阪にて日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、スパズム・シンポジウムの3学会合同のStroke2014が開催されています。
当科からも多数の一般演題、シンポジウム、教育講演を発表しておりますが、明日の脳神経外科医を志す初期研修医2名も無事、一般口演の発表を終えました。
山本修輔先生は「総頚動脈閉塞による血管新生緑内障に対する脳血行再建術」、白石啓太朗先生は「不安定プラークを有する症候性頚動脈軽度狭窄症に対する外科治療」と題する発表で、日頃の研修の成果を遺憾なく発揮してくれました。スタッフ一同、ホッとした瞬間のスナップです。これからもますます努力して成長してほしいですね。

関連記事

  1. 第4回国際もやもや病会議
  2. 医学部3年生の臨床実習2014
  3. WFNS教育コース@ノヴォシビルスク
  4. J-MOVA(Japan MicrOVascular Anast…
  5. 国際脳卒中会議2017@ヒューストン
  6. ニューロサイエンスの旅 Vol.19 頚動脈狭窄症におけるTIA…
  7. 脳神経外科医への道 Vol. 5
  8. ニューロサイエンスの旅 Vol. 70
PAGE TOP