トピックス

日本二分脊椎・水頭症研究振興財団 2013年度研究助成金

今回「大泉門での頭蓋内圧計測ポータブルデバイスの開発」と題する研究課題で、当科の旭雄士が日本二分脊椎・水頭症研究振興財団の2013年度研究助成金を受賞しました。旭は、頭皮上から頭蓋内圧を簡便かつ客観的に計測するための医療機器の開発を目指しています。
近日中に本研究の成果を通して、水頭症に悩むお子さんやご家族の福音となるような医療機器が本当に世に出ることを期待しています。

関連記事

  1. 脳教カンファランス2019@いわき
  2. 第100回富山県脳神経外科医会に寄せて
  3. 第5回富山大学脳神経外科 M&Mカンファランス
  4. 第2回 富山ホタルイカ・カンファレンスのお知らせ
  5. 富山県民会館分館「薬種商の館・金岡邸」健康講座 「脳卒中を治す、…
  6. 脳神経外科医への道 Vol. 7
  7. 富山大学脳神経外科 同門会・教室年報「創志塾2012」発刊
  8. 第1回脳神経外科M&Mカンファランス
PAGE TOP