トピックス

脳神経外科疾患メモ Vol. 6 脳卒中後疼痛のお話

脳梗塞あるいは脳出血などの脳卒中ののち、しばらくしてから半身の顔面、躯幹、手足に出現する耐えがたい痛みは「脳卒中後疼痛」と呼ばれています。脳卒中の後遺症の中でも、数多くの患者さんを苦しめている症状の一つです。やけどをしたあとのようなじんじんとした痛みが常に存在し、ものに触れただけでも痛みが増強します。
通常の鎮痛剤は無効で、一部の患者さんでは特殊な薬剤が有効なこともあります。どの薬剤も無効な場合は、大脳の表面に電気刺激を送る「運動野刺激療法」が約半数の患者さんで有効です。
この治療を実施すると、同側の視床のブドウ糖代謝が改善することがPETを用いた研究で判明しています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21792141

Post-stroke pain is one of severe neurological sequelae after stroke. Drug challenge test (DCT) may be useful to identify the specific drugs to improve it in each patient. Motor cortex stimulation (MCS) is very effective in about half of patients with post-stroke pain. Very recently, MCS has been proven to improve glucose metabolism in the ipsilateral thalamus in patients with post-stroke pain.

関連記事

  1. 日本脳卒中学会+日本脳卒中の外科学会
  2. Stroke2017@Osaka 第42回日本脳卒中学会 第46…
  3. 脳神経外科疾患メモ Vol.15 髄膜腫
  4. 米国脳神経外科学会2019
  5. 第27回脳神経外科手術と機器学会(CNTT)
  6. バイパス・ブートキャンプ2017
  7. 富山県脳神経外科医会・新年会2018
  8. ニューロサイエンスの旅 Vol.22
PAGE TOP