トピックス

脳神経外科医への道 Vol. 61 

当科を選択して長期実習に来てくれていた6年生の上坂こころさんが書いた症例報告が、米国のJournal of Neurosurgery Case Lessons誌に掲載されました。今回のcase reportでは、内頚動脈欠損症にもやもや病を合併した大変珍しい小児例を報告させていただきました。
 上坂さんは今回初めて論文を書くにあたって、大変勉強して執筆してくれました。直接指導した山本修輔先生も大変感心していました。
 彼女が脳神経外科医になるかどうかは別として、医学生の頃からこのようなアカデミックワークに自ら進んで取り組んでくれることは本当に素晴らしいことだと思います。医学生の頃、黒田も遊んでばかりおらずに、こういった努力もしていればもっとマシな医者になれたのではないか、と反省しています。上坂さん、これからも楽しく努力しながら医学の道を歩んでください。
Boys & girls, be ambitious.

The Long & Winding Road To Be A Neurosurgeon Vol. 61

Ms. Kokoro Uesaka, a sixth-year medical student who chose our department for her long-term internship, wrote a case report, which was published in the Journal of Neurosurgery Case Lessons in the United States. In this case report, we reported a very rare pediatric case of internal carotid artery agenesis complicated with moyamoya disease.
Ms. Uesaka studied very hard to write this article for the first time. Dr. Shusuke Yamamoto, who directly supervised her, was very impressed.
Regardless of whether she will become a neurosurgeon or not, Prof. Kuroda think it is really wonderful that she is willing to engage in this kind of academic work from the time she is a medical student. He wonders if he could have become a better doctor if he had made these kinds of efforts instead of playing around all the time when he was a medical student. He hopes she will continue to enjoy her medical career while making efforts.
Boys & girls, be ambitious.

関連記事

  1. 富山大学・双六岳夏山診療所2021
  2. 富山大学脳神経外科・2017年春の陣!
  3. 富山大学附属病院・包括的脳卒中センターの記事掲載
  4. ジンギスカン de 富山
  5. 脳神経外科医への道 Vol. 38
  6. 脳神経外科医への道 Vol. 47
  7. 第3回脳卒中相談会のお知らせ
  8. 第一回脳神経外科医療安全対策カンファランス
PAGE TOP