トピックス

第13回日韓脳卒中の外科カンファランス(JKJC2016)

2016年9月23〜24日、釜山で開催された日韓脳卒中の外科カンファランス(JKJC2016)に当科の桑山直也先生とともに参加してきました。黒田は「Surgical Revascularization for Moyamoya Disease – Safe and Successful Strategies」、桑山先生は「CEA/CAS for Carotid Artery Stenosis – Toyama Carotid 8 Rules」と題する教育講演にてお役目を果たすことができました。
今回は釜山には20時間しか滞在できませんでしたが、韓国の友人数人とも旧交を暖めることができ、大変意義深いカンファランスでした。写真は、ソウルにあるAsan Medical Centerの友人、Dr. Ahnと撮影したものです。

The 13th. Japan-Korea Joint Conference on Surgery for Cerebral Stroke

We joined the 13th. Japan-Korea Joint Conference on Surgery for Cerebral Stroke held in Busan, Korea on September 23-24, 2016. Prof. Kuroda and Prof. Kuwayama gave the lectures on moyamoya disease and carotid artery stenosis, respectively. I could stay in Busan for only 20 hours, but really enjoy a stay in Busan with my Korean friends. The photo with Dr. Ahn from san Medical Center, Seoul.

関連記事

  1. 日本脳神経外科学会 専門医認定試験合格!
  2. 米国脳神経外科学会2019
  3. 富山大学生命融合科学教育部シンポジウム2015
  4. 新年度のメンバー紹介
  5. 第6回TOM ぶり街道カンファランス
  6. 第13回脳卒中公開講座のお知らせ
  7. 【平成26年度富山第一銀行奨学財団・研究助成金】
  8. 富山紀行 Vol. 3
PAGE TOP