トピックス

第13回日韓脳卒中の外科カンファランス(JKJC2016)

2016年9月23〜24日、釜山で開催された日韓脳卒中の外科カンファランス(JKJC2016)に当科の桑山直也先生とともに参加してきました。黒田は「Surgical Revascularization for Moyamoya Disease – Safe and Successful Strategies」、桑山先生は「CEA/CAS for Carotid Artery Stenosis – Toyama Carotid 8 Rules」と題する教育講演にてお役目を果たすことができました。
今回は釜山には20時間しか滞在できませんでしたが、韓国の友人数人とも旧交を暖めることができ、大変意義深いカンファランスでした。写真は、ソウルにあるAsan Medical Centerの友人、Dr. Ahnと撮影したものです。

The 13th. Japan-Korea Joint Conference on Surgery for Cerebral Stroke

We joined the 13th. Japan-Korea Joint Conference on Surgery for Cerebral Stroke held in Busan, Korea on September 23-24, 2016. Prof. Kuroda and Prof. Kuwayama gave the lectures on moyamoya disease and carotid artery stenosis, respectively. I could stay in Busan for only 20 hours, but really enjoy a stay in Busan with my Korean friends. The photo with Dr. Ahn from san Medical Center, Seoul.

関連記事

  1. 脳神経外科野球大会 中部地区予選2015
  2. 北陸IVNR研究会夏季ハンズオンセミナー 第5回 ホタルイカ・カ…
  3. Sung Ho Lee先生 韓国から来訪_その2
  4. 新人歓迎会2017
  5. 脳神経外科疾患メモ Vol.5 パーキンソン病と脳深部刺激療法(…
  6. 日本脳循環代謝学会2019
  7. もやもや病に対するバイパス手術の教科書が出版
  8. コロナ禍における脳神経外科医療の実践
PAGE TOP