トピックス

深淵なるニューロサイエンスへの旅 Vol. 84

 今春講師になった当科の柏崎大奈先生の論文が欧州脳神経外科学会の機関誌、Acta Neurochir (Wien)に掲載されました。動脈硬化によって頚部の頚動脈が細くなっている患者さんを対象とした研究です。いわゆるプラークと呼ばれる動脈硬化病変の内部には稀ならず石灰化を認めます。今回の検討によって、厚さ2㍉未満の薄い石灰化病変は病変内での炎症が強く、異常な血管新生やプラーク内出血を伴うことが判明しました。
 この10年間、柏崎先生は頚動脈狭窄症の病態や治療について数多くの臨床研究を展開してきました。今後も診療、研究、教育に尽力してくれることを期待しています。
Boys and girls, be ambitious!

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 84

Kashiwazaki D, Yamamoto S, Hori E, Akioka N, Noguchi K, Kuroda S.
Thin calcification (< 2 mm) can highly predict intraplaque hemorrhage in carotid plaque: the clinical significance of calcification types
Acta Neurochir (Wien). 2022 Apr 12. doi: 10.1007/s00701-022-05205-x. Online ahead of print.
PMID: 35415806
Abstract
Purpose: Calcification pathogenesis and the relationship between calcification and plaque composition remain unclear. This study explored the calcification characteristics of vulnerable plaques, especially focusing on calcification thickness, using computed tomography angiography and magnetic resonance plaque imaging.
Methods: Demographic, computed tomography angiography, and magnetic resonance plaque imaging data were acquired from 178 patients with 229 lesions diagnosed with carotid stenosis. The calcification types were categorized by calcification thickness.

関連記事

  1. 脳神経外科・特別セミナーのお知らせ
  2. 脳神経外科医への道 Vol. 18
  3. 深淵なるニューロサイエンスへの旅 Vol. 79
  4. スティーヴン(史帝文)送別会
  5. 脳梗塞に対する幹細胞治療のガイドライン策定のための国際会議
  6. University of Sumatera UtaraからSt…
  7. NeuroRehab2017 in Toyama 第8回日本ニュ…
  8. 明日の医療を担う若者たちに想う
PAGE TOP