トピックス

新しいチタン製深部用鑷子「K2」の開発

当科の黒田が、これまでにKuroda’s Seriesとしてバイパス手術用の鑷子、クリップ、クリップ鉗子を共同開発、販売してくれたCharmant社と、新たなチタン製深部用鑷子「K2」を開発しました。
通常、頭蓋底など深部での手術では長い鑷子が必要となりますが、鑷子が長くなればなるほど華奢になってシザリングなどの不具合が発生します。しかし、頑丈なものにすると手術操作の際に視野の妨げとなってしまいます。そこで、鑷子をできるだけ細くしたまま、シザリングが発生しない、手の力が先端までしっかりと伝わるものを開発しました。
これは新しい「K2」シリーズの第1弾です。この「K2」は、黒田の恩師・上山博康先生とのコラボで、Kamiyama x Kurodaを意味しています。また、世界第2位の標高8,611mを誇るK2峰にあやかって「世界一を目指す」意図も含めたdouble meaningです。
既に薬事承認を得ることができたので、来週から試用を開始した上でなるべく早めに販売できるよう準備を進めます。

Development of new titanium deep forceps "K2"

Prof. Satoshi Kuroda has developed the new titanium forceps, K2, in collaboration with Charmant Co., a Japanese company that had developed and marketed the forceps, clips, and clamps for bypass surgery as part of Kuroda’s Series.
In general, long forceps are needed for deep surgery, such as at the skull base, and the longer the forceps are, the more slender they become, causing scissoring and other problems. However, if a forceps forceps is too rigid, it may obstruct the field of vision for surgical procedures. The new K2 series forceps are designed to keep the forceps as thin as possible, prevent scissoring, and allow the force of the hand to be applied reliably to the tip.
This is the first of the new K2 series. The “K2” stands for Kamiyama x Kuroda, a collaboration with Kuroda’s master, Prof. Hiroyasu Kamiyama who is the most skillful neurosurgeon in the world. It also has double meaning, including the intention to “aim for the world’s highest peak,” in honor of K2, the world’s second highest peak at 8,611 meters.
Since we have already obtained a regulatory approval in Japan, we will start the trial run next week and prepare to sell the product as soon as possible.

関連記事

  1. 富山大学脳神経外科・女子会
  2. 平成25年を終えるにあたって
  3. ニューロサイエンスの旅 Vol.27
  4. 脳卒中関連学会 Stroke2021
  5. 富山大学脳神経外科に新たな客員教授就任!
  6. バイパス・ブートキャンプ2017 Vol.2
  7. 第8回 富山ホタルイカ・カンファレンスのご案内
  8. We Are The Neurosurgeons! ……
PAGE TOP