トピックス

ワルシャワ国際再生医療シンポジウム2017

2017年9月28日(木)に開催された国際再生医療シンポジウム2017に参加するため、9月25日(火)〜30日(土)、黒田がポーランドのワルシャワに行ってまいりました。会長は、Mossakowski Medical Research CenterのNeuroRepair Departmentを主宰するProf. Barbara Lukomskaです。彼女とは、2011年4月にヨルダンのアンマンで開催された学会で偶然知り合って以来、神経科学者として親しく交流させていただいています。
シンポジウムでは「脳梗塞に対する自己骨髄間質細胞移植〜ある脳神経外科医の長い道のり」と題して30分ほど発表させていただきました。けっこうたくさんの質問をいただき興味を持っていただけたようです。

International Symposium in Warsaw 2017

Prof. Kuroda joined The International Symposium 2017 “Will Extracellular Vesicles Replace Stem Cells As Therapeutic Agents?” held in Warsaw, Poland on September 28, 2017. In this symposium, He gave a 30-min lecture, entitled “Bone Marrow Stromal Cell Transplantation for Ischemic Stroke – The Long & Winding Road for A Neurosurgeon”.

関連記事

  1. ニューロサイエンスの旅 Vol. 58
  2. ベルリン留学報告記 Vol. 4
  3. 2018年を振り返って
  4. 「脳卒中の外科〜エキスパートを目指す侍たちへ」
  5. 富山紀行 Vol.21
  6. 医師主導型臨床試験「既存の治療法では効果が望めない悪性脳腫瘍に対…
  7. 藤津和彦先生をお招きして
  8. 富山大学脳神経外科・医局登山2019
PAGE TOP