トピックス

ニューロサイエンスの旅 Vol.32

欧州脳神経外科学会の機関誌「Acta Neurochir (Wien)」に当科のレジデント・田邊 望先生の論文が掲載されました。
もやもや病に対するバイパス手術において、開頭に際して中硬膜動脈を温存するため、開頭前に蛍光造影剤ICGを用いて中硬膜動脈の走行を確認する方法論を世界で初めて確立しました。田邊先生は卒後2年目の初期研修医ですが、この論文は彼にとって前回の和文論文に続く2編めの論文となりました。
Boys and girls, be ambitious!

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 32

Tanabe N, Yamamoto S, Kashiwazaki D, Akioka N, Kuwayama N, Noguchi K, Kuroda S:
Indocyanine Green Visualization of Middle Meningeal Artery Before Craniotomy during Surgical Revascularization for Moyamoya Disease.
Acta Neurochir (Wien) 2016 Jan 3 [Epub ahead of print]

関連記事

  1. ニューロサイエンスの旅 Vol.28
  2. 脳低体温療法は心停止患者の予後を改善するか?
  3. 富山大学附属病院・北2階病棟新年会
  4. 富山大学附属病院市民公開講座 脳卒中の最新治療
  5. 第8回富山大学脳神経外科 M&Mカンファランス
  6. ニューロサイエンスの旅 Vol. 60
  7. 米国脳神経外科学会2019
  8. 脳神経外科疾患メモ Vol.11 内頚動脈狭窄症に対する血管内治…
PAGE TOP