トピックス

ニューロサイエンスの旅 Vol.31

医学書院「脳神経外科」の12月号に当科のレジデント、浜田さおり先生の論文が掲載されています。
「ガンマナイフ照射11年後に出血をきたした脳動静脈奇形の1例〜免疫染色による再開通現象の検討〜」脳外44(12):1045-1051, 2016
浜田先生は卒後2年目の初期研修医ですが、学生の頃から脳神経外科の道を志してくれており、この論文が彼女にとって初めての論文となりました。つい先日も黒田が執刀した14時間余りの脳腫瘍の手術に最後までつき合ってくれるなど、連日連夜、病棟や手術室で獅子奮迅の活躍をしてくれています。
Boys and girls, be ambitious!

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 31

Our resident, Dr. Saori Hamada has successfully published a case reports in this issue of Japanese journal “Neurological Surgery”, entitled “Hemorrhage from an Angiographically Obliterated Arteriovenous Malformation after Gamma Knife Radiosurgery:An Immunohistochemistry Study”. We will continue to strongly support her clinical and academic training today, tomorrow, and forever. Boys and girls, be ambitious!

関連記事

  1. 第7回富山大学脳神経外科 M&Mカンファランス
  2. 合同新年会2018
  3. 第9回日本ニューロリハビリテーション学会
  4. ニューロサイエンスの旅 Vol. 1
  5. 富山大学・双六岳夏山診療所2015
  6. 2013北陸夏季脳血管内治療懇話会・ハンズオンセミナー開催
  7. AAFTIN 2014
  8. 【第一回 TOMーぶり街道カンファランス】
PAGE TOP