トピックス

【微小血管吻合術のための手術器械】

脳神経外科の顕微鏡手術では、日常的に径0.5〜1.0mmの動脈を吻合してバイパスを作成する必要が生じます。安全かつ確実な手術のためには、各人が鍛錬を通して手術手技を向上させることは当然ですが、誰もが安定した手術成績を残せるよう、よりよい手術器械を開発することもきわめて重要です。
このたび、福井県鯖江市の㈱シャルマンの皆さんとともに、微小血管吻合用の「黒田鑷子」「黒田クリップ」を共同開発させていただきました。約2年間かけて、これまでの鑷子やクリップでは満たせなかった要素を大幅に改善したつもりです。本年10月から発売を開始すると聞いておりますので、お試しの上、ご意見をお聞かせいただければ幸いです。
㈱シャルマンは、眼鏡フレームなどでは国内外でとても有名な会社で、チタンなどの金属の加工に優れた技術を蓄積しています。
http://www.charmant.co.jp

Now, we have developed novel devices for microvascular bypass surgery, Kuroda’s Titanium Forceps and Kuroda’s Clip, with Charmant Co., Sabae, Japan. These devices will be available in this October.

関連記事

  1. 第7回TOMぶり街道カンファランス
  2. 日本脳神経外科学会・第74回学術総会(札幌)
  3. 第一回脳神経外科医療安全対策カンファランス
  4. もやもや病の英文教科書
  5. ニューロサイエンスの旅 Vol. 9
  6. 明日の医療を担う若者たちに想う
  7. 基礎配属
  8. 脳神経外科疾患メモ Vol. 16 オペレーションiPadの巻
PAGE TOP