トピックス

脳神経外科疾患メモ Vol. 17 「越中八策」の巻

 近年、頚動脈狭窄症の患者さんが急速に増加しています。頚動脈狭窄症は、さまざまなメカニズムを介して、一過性脳虚血発作(TIA)や脳梗塞を招く動脈硬化性疾患の一つです。この疾患は、冠動脈狭窄症、腎機能不全、閉塞製動脈硬化症(ASO)など、全身の動脈硬化性疾患を合併することも多いのが特徴で、頚動脈内膜剥離術(CEA)や頚動脈ステント留置術(CAS)を安全に実施するには、その前後の管理には細心の注意を要します。
 当科では、患者さんの病状に合わせてCEA/CASを安全かつ確実に実施していますが、当科の方針を社会に広く認知していただき、学生・研修医の教育にも反映するため、このたび富山大学脳神経外科 頚動脈狭窄症治療心得「越中八策」を策定しました。もちろん、1867年に坂本龍馬が策定した「船中八策」のオマージュです。

We have established “Toyama Carotid Eight Rules” to safely and completely treat the patients with carotid artery stenosis in the whole world.

関連記事

  1. 脳神経外科疾患メモ Vol. 8
  2. ニューロサイエンスの旅 Vol.30
  3. 脳神経外科医への道 Vol. 32
  4. WFNS (世界脳神経外科学会連盟)教育コース
  5. 中洲庸子先生講演会
  6. 脳神経外科疾患メモ Vol.14 痙性斜頚とハンガー反射
  7. 富山県民会館分館「薬種商の館・金岡邸」健康講座 「脳卒中を治す、…
  8. 米国脳神経外科コングレス2016
PAGE TOP