トピックス

脳神経外科疾患メモ Vol.15 髄膜腫

髄膜腫は代表的な脳腫瘍の一つです。脳腫瘍全体の約20%が髄膜腫で、近年の統計ではわが国の脳腫瘍の中で最多のものとなっています。脳腫瘍は脳を覆っている膜から発生する腫瘍で、多くの髄膜腫は良性腫瘍ですが、まれに悪性腫瘍の性格を示すものもあります。
治療の基本は、手術による全摘出です。髄膜腫の発生部位、サイズなどによって、治療の難易度は大きく異なります。当科では、手術困難な髄膜腫の場合には、ナビゲーション、頭蓋底手術のテクニックなど、あらゆる手段を講じて安全な根治手術を目指しています。
手術前に実施する脳血管内手術による腫瘍塞栓術は、手術時間の短縮、出血量の減少の点できわめて有用です。
詳細は以下のURLをご参照下さい。
http://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/208.html

Meningioma is one of major intracranial tumors. Total removal through craniotomy is the best radical treatment. Meningioma is basically benign, but large and/or deep-seated meningiomas requires skull base technique, intraoperative navigation, and neurophysiological monitoring. Preoperative embolization is quite useful to shorten operation time and reduce blood loss during surgery.

関連記事

  1. 脳神経外科医への道 Vol. 21
  2. ベルリン留学報告記 Vol. 4
  3. 脳神経外科医への道 Vol. 13
  4. 脳神経外科医への道 Vol. 44
  5. 富山紀行 Vol. 6
  6. 第2回マイクロ手術道場
  7. 脳梗塞に対する幹細胞治療のガイドライン策定のための国際会議
  8. 富山大学・双六岳夏山診療所2017
PAGE TOP