トピックス

【第一回 TOMーぶり街道カンファランス】

本年3月30日(土)、若林俊彦教授が主宰される名古屋大学脳神経外科との初の合同カンファランスを富山大学附属病院にて開催いたしました。「TOM」は太平洋に面した名古屋と日本海に面した富山とを結ぶ「Trans-Ocean Meeting」の略です。また、両都市間を結ぶ国道41号線は、古(いにしえ)の時代より「ぶり街道」と言われていますので、副題として「ぶり街道カンファランス」とさせていただきました。
両大学から総勢30名あまりの脳神経外科医が参加して、基礎研究、臨床にわたって一般演題11題、教育講演3題が発表され、約4時間、白熱した討論が展開されました。懇親会は、さらに長時間にわたって、さらに白熱したことは言うまでもありません。
若林俊彦先生はじめ、名古屋大学脳神経外科の先生方、どうもありがとうございました。そして、お疲れさまでした!
次回は来年、名古屋で開催されることが決定いたしました。

The First Joint Neurosurgical Meeting of Nagoya University and University of Toyama was held in Toyama yesterday. Totally 30 neurosurgeons joined the meeting. We discussed a lot on both basic and clinical aspects of neurosurgery for about 4 hours. Next year, the meeting will be held in Nagoya.

関連記事

  1. ニューロサイエンスの旅 Vol. 60
  2. 脳神経外科医とキャリアを語る会 2017
  3. 合同新年会2020
  4. バイパス・ブートキャンプ2017
  5. 脳神経外科「医工連携」セミナー
  6. 脳神経外科疾患メモ Vol. 10 内頚動脈狭窄症に対する手術
  7. 「Brain Ischemia Night in Toyama」…
  8. 北陸夏季脳血管内治療懇話会ハンズオン・セミナー 第5回ホタルイカ…
PAGE TOP