トピックス

脳神経外科医への道 Vol. 24

2015年10月22〜24日、第7回日韓脳卒中学会にて釜山に来ています。黒田はシンポジウムにて「Novel MR diagnosis of moyamoya disease」と題した発表をさせていただきました。また、当科の白石啓太朗先生(卒後3年め)は、「Impact of carotid endarterectomy on mild (≤50%) carotid stenosis with unstable plaque」と題して初の国際学会での発表に臨んでいます。昨夜のBanquetやその後のパーティでは、白石先生が一生懸命、英語を使って海外の先生たちと積極的に交流している姿を見て大変頼もしく思った次第。これからも若者がどんどんと海外で交流の輪を広げることができるよう支援したいと考えています。Boys and girls, be ambitious!

The Long & Winding Road To Be A Neurosurgeon Vol. 24

Prof. Kuroda and Dr. Shiraishi present their recent papers in Busan at the 7th. Japan-Korean Joint Stroke Conference. In spite of his first-ever international conference, Dr. Shiraishi has actively interacted with foreign neurologists from Korea and Uzbekistan. I would like to support young neurosurgeons to develop their clinical and scientific activities over the world.
Boys and girls, be ambitious!

関連記事

  1. 日本脳循環代謝学会2019
  2. 世界脳神経外科連合・教育コース@カトマンズ
  3. 日本脳神経外科学会・第76回学術総会
  4. 男女共同参画検討シンポジウム
  5. 新年度のメンバー紹介
  6. ニューロサイエンスの旅 Vol.20 書痙に対する定位脳手術の効…
  7. THE NEURO-REHABILITATION
  8. 脳神経外科と剣道
PAGE TOP