トピックス

富山紀行 Vol. 14 室堂・立山「雪の大谷」

標高2,450mの立山室堂平は、世界でも有数の豪雪地帯で約8mもの積雪があります。その中でも「大谷」は吹きだまりのため特に積雪が多く、その深さは20mを超えることもあります。ここを通る道路を除雪してできる約500mの雪の壁の区間を「雪の大谷」と呼んでいます(富山県観光公式サイトより)。本年の「雪の大谷」ウォークは4月16日(火)~6月10日(月)まで開催されています。
本年、管理人が訪れたこの日も未だに16mを越える深さの「雪の大谷」を素晴らしい青空の下で堪能することができました。絶景の写真が撮れました。ぜひ一度はお訪ね下さい!

When spring comes, the Alpine Route is literally ‘carved through’ the snow. There are no other sites that can give this experience. Many people from all over the world are deeply impressed by the 18 meter high snow wall. Blue skies can be seen above the bus and white snowcapped peaks are visible between the walls of snow. When walking on the snow fields around Murodo you may be able to see a white ptarmigan (http://www.alpen-route.com/en/).
On this day, the weather was very fine, and we could really enjoy the great view of snow wall under the blue sky. Please see the photo.

関連記事

  1. 謹賀新年2018
  2. 神経保護・神経再生療法〜今後の展望と課題
  3. 日本脳神経外科学会・第77回学術総会
  4. 中洲庸子先生講演会
  5. 富山脳卒中の会・会報第2号
  6. もやもや病の手術を学ぶ_Pt. 7
  7. ニューロサイエンスの旅 Vol.33
  8. 脳神経外科特別講義
PAGE TOP