トピックス

手術器械を創る_Vol. 1

福井県鯖江市にある眼鏡フレームで世界的に有名なシャルマンさんとの共同開発を経て、2014年9月、バイパス用の新しい手術器械として黒田式マイクロ鑷子、黒田式マイクロクリップの販売を開始しました。この4年半の間、数多くの脳神経外科や形成外科の先生からご好評をいただいております。
 このたび、再びシャルマンさんのご協力を得て、脳表および深部バイパスのいずれにおいても、今まで以上に使用しやすい「黒田式マイクロ鑷子DX」を開発させていただき、2019年3月21〜23日に横浜で開催されたStroke2019にて販売を開始しました。この6月には皆様のお手元にお届けできる予定です。

Creating Neurosurgical Devices_Vol. 1
Now, I have developed the new “Kuroda’s Forceps DX” for microvascular bypass surgery with Charmant Company, Sabae, Japan. The forceps are designed for all of bypass surgery, including STA-MCA, STA-M2, STA-A3, ECA-RA-M2, STA-SCA, and STA-PCA anastomoses for patients with atherosclerosis and moyamoya disease.

関連記事

  1. 医局登山2013
  2. 富山ストローク・プログラム(後期研修医募集)
  3. 【平成27年を終えるにあたって】
  4. 脳低体温療法は心停止患者の予後を改善するか?
  5. 第8回富山マイクロ手術道場
  6. もやもや病に対するバイパス手術の教科書が出版
  7. 欧州脳神経外科学会2014
  8. 第3回欧州脳卒中会議 2017_その2
PAGE TOP