トピックス

Stroke2017@Osaka 第42回日本脳卒中学会 第46回日本脳卒中の外科学会 第33回スパズム・シンポジウム

2017年3月16〜19日、大阪にて三学会合同のStroke2017が開催され、当科からも多数の演題を発表させていただきました。卒後2年目の浜田さおり先生は2題の口頭発表を無難にこなしたほか、卒後4年目の山本修輔先生、白石啓太朗先生も堂々と口頭発表してくれました。実に頼もしい発表ぶりでした。脳神経外科を熱く志す医学生も今回の学会に参加してくれました。これからも若者が脳神経外科のサイエンスとアートを極めることができるよう、精一杯のサポートをしていきたいと考えています。

Stroke2017 in Osaka

We joined the annual joint meeting of Japan Stroke Society, Japanese Society of Surgery for Stroke, and Spasm Symposium in Osaka. WE were really impressed that our residents presented their papers in a dignified manner. We will continue to support their growth as scientific neurosurgeons forever.

関連記事

  1. 脳低体温療法は心停止患者の予後を改善するか?
  2. 富山大学脳神経外科のメンバーが一部変更となりました
  3. 初期臨床研修@富山大学脳神経外科
  4. 富山紀行 Vol. 6
  5. 富山大学脳神経外科同門会「創志塾」忘年会2019
  6. 【日本脳卒中学会/日本脳卒中の外科学会2015】
  7. 世界脳神経外科連合教育コース@モスクワ
  8. 医師主導型臨床試験「既存の治療法では効果が望めない悪性脳腫瘍に対…
PAGE TOP