トピックス

富山大学・双六岳夏山診療所2014

本年も7月26日〜8月26日の間、富山大学は北アルプスのほぼ中心に位置する双六岳にて夏山診療所を運営させていただきました。ここの標高は2,600mです。本年も医師、看護師、医学生が中心となって、感冒、打撲、疲労のほか、急性高山病(AMS)、脱水、熱中症などに罹患した登山客の皆さまのために随時診療にあたりました。富山大学脳神経外科および関連病院からも、黒田、永井、堀、梅村の4名がボランティアとして診療に従事しました。
本年も県内外を問わず多数の病院や職員、岐阜県警の皆さまのご理解のもと、診療にあたることができました。この場をお借りして皆さまに御礼申し上げます。来年以降もご支援ご協力の程、よろしくお願いいたします。
写真は双六岳夏山診療所の診察室です。
http://www.med.u-toyama.ac.jp/sugoroku/index-j.html

Drs. Kuroda, Nagai, Hori and Umemura from our department worked at Mountain Clinic on Mt. Sugoroku (2,600m) as volunteers in this summer. Mt. Sugoroku is located at the center of Japanese Alps.

関連記事

  1. ニューロサイエンスの旅 Vol. 62
  2. ニューロサイエンスの旅 Vol. 59
  3. 脳神経外科医への道 Vol. 3
  4. 脳神経外科医への道 Vol. 51
  5. 富山大学脳神経外科・医局登山2018
  6. 第1回脳神経外科M&Mカンファランス
  7. 再会2017
  8. 国際脳卒中会議2018
PAGE TOP