トピックス

第83回日本脳神経外科・中部支部会 優秀論文賞受賞

平成24年9月15日(土)、名古屋で開催された第83回日本脳神経外科・中部支部会にて当科の旭雄士医師が「書痙に対する視床凝固術」をテーマとした発表で優秀論文賞を受賞しました。当科ではパーキンソン病のみならず書痙、頚部ジストニアなど、さまざまな疾患に対して脳深部刺激療法(deep brain stimulation; DBS)や視床凝固術を実施して良好な治療成績をおさめています。
業績の一部は以下のURLをご参照下さい。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21494070
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22114010

旭雄士医師の富山大学病院における外来は毎週火、金曜日の午前です。また、南砺市民病院でも毎週木曜日の午後に外来診療を行なっております。お気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 【平成26年を終えるにあたって】
  2. 富山県脳神経外科医会・新年会
  3. WFNS (世界脳神経外科学会連盟)教育コース
  4. 富山大学脳神経外科・医局登山2018
  5. 手術器械を創る_Vol. 1
  6. マイクロ手術のトレーニング
  7. 第1回脳神経外科M&Mカンファランス
  8. 脳神経外科医への道 Vol. 34
PAGE TOP